maybeeboss

http://t.co/p5CHy8XmBZ
09-28 22:19

スポンサーサイト

maybeeboss

http://t.co/4YiQSaKl2d
09-24 20:34

burton レイトモデル。オーダー締め切り9月30日間でとなっております。リクエストございましたら、コンタクト下さい。
09-24 20:28

burton レイトモデル CK! http://t.co/BZnb9fXODS
09-24 20:21

https://t.co/hMVPy827ijHORROR BUSINESS  DK!! http://t.co/j9OE1jrSco
09-24 18:37

https://t.co/hMVPy827ij良いですね~! http://t.co/y67IllLI2G
09-24 18:35

BURTONプロショップのみ限定で販売されるFAMLY TREE ラインは パウダーフリーライド系 のボードを中心にさまざまなコアライダーの要望をいち早く反映していくラインナップゆえ毎年新たなシェイプ、コンセプトを提供し ユーザーの反応から、翌年 レギュラーラインとして発売するモデルを選定するなど、先駆けたコンセプトを提供するラインナップが魅力です。

15336100000148_1.jpg  DSCN0014.jpg  DSCN0016.jpg


Skip jack surf 148 89000 yen 税別 ディレクショナルフラットトップ 20mmテーパード
昨年のパイルドライバー140のユニークなコンセプトを継承し レングス、シェイプを見直した感のあるSkip jack surf 148 は 非常に面白いボード、デッキパッド部分下のコアの厚みが 実は薄く よって 他には無いソフトなトーションとフレックスが、パウダーの圧力を 繊細に捕らえてくれるので、実にスムーズな自然な浮力 を生み出してくれ、底付きするような深さでもコントロールが
非常にスムーズなボードです。圧雪でのカービング性もパイルドライバー140よりましていて 安心感がたかまり、ゲレンデクルーズ
や、踏み固まってしまった所の通過もスムーズになっています。 まさにサーフライドをイメージさせてくれるボード。
そして このレングスを生かして、長いボードでは スルーしてしまうセクションへのアプローチも簡単なので、セクション探しの目線が変わります。 パウダーデイにちょっと出遅れてしまったり、長いボードを出すまでも無い日とかでも、楽しく過ごせそうです。
もちろん フレッショなバーンも最高です。フィッシュボードとして 欲しかった要素が満載のボードとして他とは かなり特化した魅力があります。 私体重が58Kgですが 意外と80kgぐらいの方でも 楽しめるようです。




15094100000151_1.jpg DSCN0025.jpg

MODFISH 156 151ディレクショナルフラットトップ 80000yen 税別
MODFISH 156は、非常にリラックスして パウダーライドできるボード 。やはり 雪の圧力を自然に捕らえるフレックスがスムーズな乗り味に繋がって要る感じで、少ない力でコントロールが容易な感じです。リラックススタイルで1本で色々なアプローチが楽しめそうなボードって感じがこのボードの魅力だと思います。 フラットトップななり味は、パウダでーでのグラウンドトリック的なアプローチも楽しめそうです。
これからパウダーボードを始めて選ぶ方にもお勧めです。
ボードの反発とかクイックなレスポンスとか自体の主張が強いボードではないので、乗り易い反面、好みは分かれるかもしれません。

15093100000152_1.jpg DSCN0019.jpgDSCN0020.jpg


skip jack 152 \89000yen 税別 ディレクショナル キャンバー
こちらは前出 surf148 とは まったく別設計 といっても良いややレスポンスを持ったボードです。surfに比べるとトーション、フレックスともボードに主張を持たせてた乗り味は、よりハイスピードで 良いコンディションに合わせた感じがあります。
ボードのプロファイルもsurfとはことなり、通常に近いものになっています。 masaさん監修ゆえ、 トーションなどややクイックな
感じは どことなくコンアーティスト的な感じがしました。またキャンバーを採用する事ではっきりした踏み換えと確実なカービング
せいなどのレスポンスの欲しい方に向いていると思います。
ある程度 体重 脚力を 必要かもしれません。 そしてルックスも魅力的です。






16今シーズンのLibTech Gnuのラインナップを見ると定番ラインに加え 新しいシェイプのボードが実に多いのに驚かされた。
昨シーズンより強化された fundamentalのラインアップの多いこと。
かなり ボードシェイプが自由と言うか やりたい放題な印象。
既存のラインは グラフィック変更程度が多いですが、こちらは、カテゴリーに囚われない自由な発想で、それぞれのライダーの意見がそのまま 反映されている感じです。
fundamentalってなんぞや?
と調べてみると根源 とか 根本的といった意味だそうです。
本来 スノーボードは 自由で 係わってきたライダーの今、望む形に変化するものだという、メッセージなんでしょう。
なんか サイズ選びも乗り方も右に習えでは 先に進まない。こと日本はそんな風潮強いですけど。。。

パウダーサーフ用から、フリーカーブ、フリーライド 懐かしの名機の復刻まで個性あふれるラインナップです。

fm-rattail-l.jpg fm-mcnootka-l.jpg scotty-l.jpg mckink-s1.jpg



 roundnose-l.jpg rocket-l.jpg mcblank-l.jpg

各ボードの試乗インプレッション  個性的で 魅力満載のボードを紹介していきますが 店頭でも是非御問い合わせください。

10月より 入荷予定です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。