SNOWシーズンもそろそろ終了ですね!
ゴールデンウィークは概ね良い天気でした。 自分も5月5日でシーズン終了しました。
今年はいっきに雪解けが進み4月後半の晴れ続きもあって 例年より新緑が早い気がします。

さて ギアの保管ですが、とりあえず水洗い、バインディングのラチェットのスプリング類は出来れば、CRCでも軽くしてあげてください。 錆びや作動の固着を防ぎます。 ブーツも出来れば 洗って乾かすと ベストです。
ボードについては ソールの汚れはリムーバー、もしくはクリーニングWAXで落としますが、泥汚れ等は洗剤のほうが落ちる場合もあります。 一度リフレッシュするのにはベースに入り込んだ古いWAXや 汚れはブロンズブラシやマイクロスチールブラシで描きだし、フレッシュした後好みの荒さのファイバーマットで軽く研磨してやると、かなりさっぱりします。
エッジについては、出来れば研磨し 当て傷やバリ、錆びを取って仕上げ ワックスを塗る際、サイドエッジまで塗りこんでやると良いです。 この際、自分は柔らかい滑走ワックスをたっぷり入れて ラップするかビニールバックに入れて保管します。

当店の場合は仕上げたボードをヒーターでサーモワックスし ラップして 保管状態にし、次のシーズン前にお持ちいただければ滑走ワックスを入れて滑れる状態に仕上げ、お渡しいたします。 お陰様で、ワックスの持続性と滑走性が高いようです。
お気に入りのボードのケアを 忘れずに!

チューンナップ受付中です。 当店定番チューンナップ 5000円 より



DSCN0217.jpg

DSCN0219.jpg
 お気に入りの愛着あるボードを何時までも良いコンディションで手元に置いておきたいものです。


自分的には1年目は色々探りながら、2年目はかなり馴染んで 乗り方にフィット、頼れる存在、散々乗って、でも色々欲が出てもうちょっと・・・・が、ちらついてくる。そんな感じでしょうか。  
色々な思い出が詰まったボードは手放せなくて、たまに乗る程度になっても、最近は手放さずに居ます。

ところで、板選びについて相談される事も多いんですが、意外と試乗などで、リフトスロープを 片足つけた状態で降りる時
「キタこれ~!」 みたいな直感が当たる事多いです。